DSC_1344.jpg
宿の露天の横にふきのとう

DSC_1345.jpg

DSC_1348.jpg

DSC_1357.jpg
宿の上にかかる橋から雪のわいた山

DSC_1360.jpg
近くの公園から

DSC_1365.jpg
ベアーさんに登る山道から

DSC_1368.jpg
冬の青い空を背景に立つくぬぎ等の雑木

DSC_1369.jpg

DSC_1372.jpg
宿の隣の小高い牧草地から

DSC_1375.jpg
牧草地の向こうの

DSC_1323.jpg
今年も時松さん制作の門松
DSC_1343.jpg
浮羽の種の隣の注連飾り
DSC_1324.jpg
JA朝イチで買った鏡餅
DSC_1327.jpg
薪ストーブ
DSC_1328.jpg
年末年始は大雪で宿も雪に埋もれました
DSC_1339.jpg

DSC_1341.jpg

DSC_1335.jpg

DSC_1331.jpg

DSC_1334.jpg
お客様には雪の露天を楽しんでいただきました
DSC_1342.jpg
宿の番犬 キロロの小屋も雪の中

平成27年1月  

古天神

DSC_1139.jpg
露天のもみじもうっすらと緑
DSC_1146.jpg
姫リンゴ
DSC_1152.jpg
ブナ
DSC_1161.jpg
露天の下の散策路のゼンマイ
 
DSC_1167.jpg
コナラの新芽
DSC_1170.jpg
本館横につくし
DSC_1174.jpg
露天の下の散策路にスミレの群生
DSC_1176.jpg
露天の下の福寿草
DSC_1177.jpg
水ぬるむ露天そばの蛭石川
DSC_1178.jpg
露天のそばのモミジ 葉を開く寸前
DSC_1179.jpg
あじさいの若葉
DSC_1180.jpg
姫リンゴ
DSC_1181.jpg
葉を開かないとまだ何か分からない いちょうの幼木
宿の春26年DSC_1183.jpg
宿の近くの散策コースのスミレ
宿の春26年DSC_1184.jpg
同じコースに黄スミレが咲いていました
宿の春26年DSC_1188.jpg
黄スミレの群生
宿の春26年DSC_1190.jpg
ワラビ菜もたち始めました
宿の春26年DSC_1193.jpg
だらの芽

26年4月12日
古天神 井崎


26年雪の写真DSC_1082.jpg
2月15日(土) 雪の古天神
26年雪の写真DSC_1084.jpg

26年雪の写真DSC_1083.jpg
宿の坂に約40センチの雪が積もり車は降りられません
26年雪の写真DSC_1085.jpg

26年雪の写真DSC_1087.jpg
まず人の通る道の除雪
26年雪の写真DSC_1089.jpg

26年雪の写真DSC_1091.jpg

26年雪の写真DSC_1093.jpg
やっと人の通る道を除雪

26年雪の写真DSC_1094.jpg
雪に埋まった宿
26年雪の写真DSC_1097.jpg
2月17日(月)溶けかかった雪にまた雪が降り始めました
26年雪の写真DSC_1098.jpg

26年雪の写真DSC_1101.jpg

26年雪の写真DSC_1104.jpg

26年雪の写真DSC_1102.jpg

26年雪の写真DSC_1105.jpg

 2月14日に佐賀から宿に帰る予定でいましたが、小国の地元の方から雪がひどくファームロードは通れないから帰らない方がいいと連絡を下さり、1日佐賀で待機して15日に宿へ向かいました。息子に用事があったので別府まで行かねばならないのですが、高速は湯布院〜別府が通行止め。あの区間は雪や霧でよく通行止めになる区間なのでいつかは遭遇するのかと危惧は持っていました。先週の10日(月)も別府に用事で行ったのですが、このときは急に九重〜別府間が通行止めになっていました。仕方なく一般道に回されたのですが、今回と同じように雪が積もっていたのです。私の車は4駆でスタットレスを装着していたので雪道も走れたのですが、何の案内もなく雪道の一般道に回されたノーマルの車は何台もスリップして動けなくなっていました。事故も発生していて車はストップしたままで長い列がつながっていました。私は車が進まなかったので塚原高原経由で別府にたどり着きました。いつもの時間の倍以上がかかりました。立ち往生している車にパンの差し入れをしないと遭難しかねない大変な状況でした。警察に連絡したところ別府警察署が向かっているとのことで、救援には向かいませんでしたが、おなじような状況が関東地方で起こっているようです。政府の救援や当局の対応が鈍いのが気になります。

 北国の人の雪かきを九州では、大変だなと人ごとのように見ていましたが、実際に約40センチ程積もった雪かきは並大抵の労力でないことが筋肉痛に悩まされて分かりました。1週間も経たない内の大雪に小国での山の中の生活の厳しさを思い知らされました。明日の朝の宿の坂にも雪が降り積もるようです。冬の雪景色も眺めるぶんにはいいのですが、まだ雪に閉じこめられた人々がおられるのが心配です。

26年2月17日

 古天神 井崎























 明けましておめでとうございます。昨年は初めてのお客様やリピータのお客様が多く来て頂きありがとうございました。まだまだ至らない小さな宿ですが、お客様には喜んで頂き感謝致しております。今年もお客様のために精一杯おもてなししていくつもりですのでよろしくお願い致します。

DSC_0728.jpg
宿の簡素な正月飾り お米の飾りを珍しがられました
DSC_0735.jpg
門松は日田の「木の花ガルデン」から
DSC_0731.jpg
1月1日の有明の月
DSC_0736.jpg
3日振りに小国に出た帰りの寺尾野大橋からの夕陽
DSC_0745.jpg
宿の近くの小高い丘の上のビューポイントからの夕陽
DSC_0750.jpg
小高い丘の上のビューポイントの雑木林からの夕陽
DSC_0739.jpg
小国の至る所から雄姿を眺められる湧蓋山 北里柴三郎記念館の近くから
DSC_0741.jpg
3日深夜に雪をかぶった湧蓋山
DSC_0744.jpg
宿の近くの公園から

25年1月4日
古天神  井崎